読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記「人間部品化と大量殺戮」

雑記

こんにちは。今日の題名はやけに物々しいですね。物騒といえば、最近高齢ドライバーによる事故が多発しているそうです。ある日、歩道を歩いていると後ろを走っている車が車線を乗り越えて突撃してくるかもしれない。僕たちが生きているのは未だに危険社会であり、それを認識せずに生きていられるのはある種の恐怖でもあります。ここ数日の読書の趣向からか、そんなことを考えてしまいました。

今日紹介するのはジョージ・オーエルの「一九八四年」です。ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、どんな内容の話かと言うのを簡単に申しますと、「その思考をしただけで罪になる。一党による独裁成す監視社会の究極形。その中で、主人公のウィンストンがジュリアという歳の離れた恋人を得た事を契機にオセアニア社会の反対勢力と接触しようとする…」といった感じです。この本の前にフランクフルの「夜と霧」を読んでいたので、オセアニア社会をアウシュヴィッツと重ね合わせて読んでしまいました。一九八四年の中にもナチスの名前が出て来るのですが、比べてオーエルの書くオセアニア社会の党は「自分たちの行為に自覚的だ」と主張しています。しかしナチスアウシュヴィッツでユダヤ人に対して行った大量殺戮と強制収容所での人間部品化は、オーエルの書くオセアニア社会の統治と人間性の破壊に繋がる所があるように感じました。一九八四年が出版されたのが1949年みたいなので、オーエルがアウシュヴィッツを意識して書いたのは間違いないかと思いますが、ただ見聞きしたものではなくその本質を飲み込みより深淵まで理解したのではないかと。あと強制収容所を意識したSF(一九八四年をSFと言って良いのかは疑問ですが、僕の中でSFは「ある一つの虚構がその社会全体に作用し、その社会の人々の暮らしや思想にどのように変化したのか」を描写したものではないかと、科学はあくまでその虚構の中の一つではないかとさえ思っています)でオススメしたいが、フィリップ・K・ディックの「人間未前」です。「人間以前」は「一二歳未満の子どもたちは人間として見なされず、親の通報によってトラックに運ばれ工場に運ばれて処分される…」と言った話ですが、トラックが街中を走り回るのを子どもたちが恐れ、またある種の神隠しのように噂している描写が「夜と霧」に書かれたナチスの時代に通ずる所があります。「一九八四年」「夜と霧」「人間以前」、こよ三冊是非比べて読んでみてください。

あと余談ですが、この記事を書いた時にAKBの衣装がナチスの軍服に似ている事で秋元氏が謝罪されたニュースを思い出しました。このニュースを観たのも、何かの偶然か縁か「夜と霧」を読み終えた直後で、未だナチスは思想や文化のレベルで排除されるべきものであると考える人たちがいて、それも強制収容所の中で行われた事を踏まえると当然なのかなと思いました。以上です。

 

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

 

 

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

 

 

 

 

 

 

雑記「無駄線と狂気」

雑記

こんばんは。

深夜三時くらいの意識は生暖かいふにゃふにゃさで、例えるなら30分くらい足の裏で踏み続けたうどんの生地みたい。味は覚えてませんが。 

きょうはぼくのだいすきなほんをみんなにはなししたいとおもいますぱちぱち。

なんて書き出そうと思ったのですが、小学生の時の嫌な記憶が沸々してしまいそうなので止めておきます。「黒歴史」って本当いい言葉ですよね。相当するであろう「悪い思い出」と比べて、「思い出」は「過去」に重きを置いてるのに対して、歴史は「現在」と「過去」を内在している言葉なので「今の自分は正当だ」と言えることになります。なるはず。この言葉を作った、富野監督は本当に凄いなぁっと思います。余談ですが、僕は富野監督の事を心の中で「時間の魔術師」と呼んでいます。その理由を知りたい方は是非、「∀ガンダム」と「Gのレコンギスタ」を見てください。

さて、そろそろ題名を回収しないとですね。

今日紹介したいのは「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の1巻です。みーまーはシリーズ本なのですが、僕は強くこの1巻を推します。何故かと言いますと、みーまーは端的に言って「おもちゃ箱をひっくり返したような混沌とそれを傍目から見つめてる僕」のような感じの本なのですが、作者の入間人間さんのデビュー作だけあっていい感じに無駄線と狂気に満ちているように感じます。入間人間さんの作品はみーまーから「電波女と青春男」、「安達としまむら」に最近のだと「いもーとらいふ」に続きます。この4シリーズが僕が読んだ入間作品です。入間人間さんは個人的に「超個人的な作風」で、もっと言うと設定や展開以上に、そのキャラクターが「何を、どうして、どうやって触れ、どのように感じ、誰を思い出し、どうしたか」を延々と書いておられるように感じます。それは時に、読んでいる方まで恥ずかしくなる恋愛から、心臓まで鋭く抉りこんでくるような恐怖だったり。入間さんは何でも書ける作家ではなく、それしか書けないけどそれを極めてる作家だと思います。

うん、書きたいこと書いたので今日はここまで。寝る前の30分でどれくらい文章を書けるかなって感じで書いてました。スマホのエディターを見たら900文字前後みたいです。少ない…

 

 

 

 

帰り道を忘れた子ども

uta

こんばんは。この頃だいぶ冷え込んできて、いよいよ本格的に寒くなってきましたね。僕はというと、風邪をひいてくたばっていました。風邪をひくたび、身体の脆弱さに自己嫌悪を覚えます。身体の不調と心の病、前者は治せても後者はなかなか治りませんね。あと百年くらい精神科は流行るのでしょうか。僕は高熱を出さないのですが、長引かせてしまうので、鼻水が止まってもまだ咳が残っています。皆さんも風邪をひかないようにお気をつけください。

 

 

 

Don't move

道の半で跪いて 過去の自分に懺悔する
虚勢を張り続ける幼い子ども
君の呼吸を止めてしまいたい
瞳の中には忘れたい過去が焼きついて
前を向く度 感情線が発狂してしまう
心の中には忘れられない記憶が渦巻いて
重たい唐紅のノイズに溶けてゆく
吐き散らかした血に足が滑って立てなくなった

「綺麗に見えていたものも醜く感じた
   上手く笑えなくなって また偽った
   君は帰り道を忘れた子どもみたいに
   彷徨って すこし泣いて また歩き出す」

帰ろう あの庇護の下へ

 

 

 

この頃、全く文章が作れなかったのですが最近少しずつ元に戻りかけてきた気がします。まるで熱を加えると変形して、冷えると元に戻る性質みたいに、どれ程変わったのか自分では分かりません。ただがむしゃらに何かを変えたかった、そんな熱を帯びていた気がします。今は多少落ち着いたのでしょう。全く成長が見えませんが、こんな僕でも何かを残すことが出来るのか、もう少しだけ頑張ってみようと思います。