読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

濡れた音

Aimer×egoistの「ninelie」が素晴らしいって話。作詞・作曲は澤野さんがされているんだけど、澤野さんの作る音楽はいつもどこかスケールが広大で。なのに歌詞は、一度聴いただけじゃ意味分かんないフレーズを爆撃機の波状攻撃みたいに落としてくる(笑)nZkの作品なんかは未だに意味不明ですし。そのギャップもまた魅力ですけど。

その音楽にAimerとcherry(egoist)という二人の歌姫が、唄い感情を乗せる。これが最高じゃないはずがない。
この曲を初めて聞いた時、濡れた音だって思った。気持ちが沈んでいく訳じゃないけど、心のちょっと薄暗い部分にストンと落ちて、満たされる感じ。
決してヒステリックに喚き立てるのではなく、どこか淡々と、しかし力強く歌いあげる。力強さのはボーカルのAimerの歌声、クールでどこか濡れたようなのはcherryの歌声かな。
2人のコラボはあまりに巧妙に合っていて、どこか必然のようにさえ感じる。。お互い、澤野さんが劇伴やってたアニメで歌ってたから、どこか似たイメージを持っていたのかと。
そんな訳で、絶賛ヘビロテ中。今日の終わりはこの曲聴いてる時かな。君を繋ぐ空の星が1つ音を立てても…