楽観主義ぶる

楽観主義ぶる

楽観主義ぶってみれば、
世界はマシな場所だって気付くよ
笑って生きれば楽しいよ
何もないけど

楽観主義ぶってみれば、
もっと楽に生きられるよ
悲観主義なんてつまらない
難しい話は政治家に任せなよ

楽観主義ぶってみれば、
未来はきっと明るいよ
戦争に行かされるなんて嘘さ
平和主義者のヒステリーさ

楽観主義ぶってみれば、
楽観主義ぶってみれば、
楽観主義ぶってみれば、
楽観主義ぶってみれば、

いつから僕らは考えるのをやめたんだ?



イメージはオトナ帝国。大人もみんな子どもになった世界で、社会を動かす人は誰もいない(いや、正確には2人いたっけ…?)幼い時に観たけど、その安寧は破滅するのを待ち望んでいるかのような、ある種自暴自棄のようなものにさえ思えた。
この詩の楽観主義ぶるもそんな感じ。みんながなんくるないさなんくるないさーってやってたら、もっと恐ろしい目に合いますよってこと。でも笑って生きれば楽しいよ。