読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情スケッチ

sadistic idol

造られた世界の中で
躍って 輝いて
どこまでも加速する
そうだ、私はアイドルだ!
無限に続く自己暗示
それは回し車の中
走り続けるハムスター
立ち止まると死んでしまうんだ
彼女は後手にナイフを握って
狙いを定めていた
そのナイフから逃れようと
必死に 我を忘れて 走り続ける
僕はつぶやいた
誰か助けてあげないの?

 

 

 

 

ガン

素直になれば
全て壊してしまう
そう思っていた

他人(ヒト)の感情なんて
あまりにもグロテスク
覗きたくもないね

虚(あな)から声が聞こえてきて
反響する度
僕(という存在が)、壊れてしまうよ

君は死滅寸前の悪性細胞だ!!
そんな風に嗤っていれば
満足かい?

なんて
どこまでも他人事。