挽き肉こねるような感触

生活

誰かに心を配る度に
私は腑分けされてゆく
分け与える度に 薄くなって
消えてしまうよ
今はもう「私」なんていなくて
その残骸が私っぽさを演じている
偽りの感情をペーストすれば
誰にでもなれるよ!
はぁ…